HOME > 宗教法人設立のメリット

宗教法人設立のメリット

宗教法人設立のメリット

宗教法人法では、宗教法人について「宗教団体が、礼拝の施設その他の財産を所有し、これを維持運用し、その他の目的達成のための業務及び事業を運営することに資するため、宗教団体に法律上の能力を与えること」と規定しています。
ここでは宗教法人のメリットについてまとめました。

社会的なメリット

宗教団体が法人化して宗教法人になった場合、公益法人の扱いとなります。これは社会的な信用度がアップし、活動がしやすくなるというメリットにつながります。

税制上のメリット

宗教法人は法人所得税・法人住民税等について税制上の恩恵が受けられます。また、事業利益の税制的優遇もメリットといえます。

財産所有のメリット

法人化することで所有財産を宗教法人名義にすることができます。これにより相続を経ることなく、財産維持を図ることができるというメリットがあります。

事業面でのメリット

法人化して宗教法人になると公益事業を行うことができます。公益事業には病院や各種学校、墓地・霊園などが挙げられます。

宗教法人設立のデメリットは?

このように宗教法人設立には多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

宗教法人の設立は他の法人設立と手続きが異なり、非常に煩雑で時間も要します。また、昨今の宗教団体関連の問題に絡み、所轄庁での審査が大変厳しくなっています。


宗教法人設立