HOME > 宗教法人設立に必要な書類

宗教法人設立に必要な書類

宗教法人設立に必要な書類

宗教法人の設立には多くの書類を作成しなければなりません。ここでは設立から設立後に必要になってくる書類についてまとめました。
※これらの必要書類は地方によって異なる場合があります。詳しくは所轄庁に確認してください。

宗教法人設立の書類〔事前協議に必要な書類〕

事前協議をするときに必要な書類の一部を記載しています。所轄庁からの指示に従って持参します。

  • 宗教団体の規則(現在使われているもの)
  • 宗教団体の役員名簿(代表役員や責任役員など)
  • 宗教施設(建物等)の配置図
  • 境内建物、境内地の不動産登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 信者名簿のコピー
  • 直近の行事計画表など
  • 儀式や行事の写真
  • 機関紙(発行している場合)
  • 役員会議事録のコピー 
    など

宗教法人設立の書類〔規則認証申請時に必要な書類〕

規則認証申請時に必要な書類です。

  1. 規則認証申請書
  2. 規則
  3. 当該団体が宗教団体であることを証する書類
  4. 公告したことを証する書類
  5. 認証の申請人が当該宗教団体を代表する権限を有することを証する書類
  6. 代表役員及び定数の過半数にあたる責任役員に就任を予定されている者の就任承諾書
  7. 代表役員及び責任役員に就任を予定されている者が,欠格事項に該当しないことを証する書類(身分証明書)
  8. 公益事業及びその他の事業に関する書類
  9. 宗教法人設立決議書のコピー
  10. 包括宗教団体の規則等における被包括法人設立に関する手続きを経たことを証する書類(承認書のコピー)
  11. 添付資料(付近の見取図・神主、本尊等の安置してある場所の写真・主要境内建物の写真等)

宗教法人設立の書類〔登記申請時に必要な書類〕

宗教法人設立登記の申請時に必要な書類です。

  1. 規則の謄本
  2. 認証書のコピー
  3. 代表権を有する者の資格を証する書面
    ・責任役員の選任を証する書面
    ・代表役員の選任を証する書面
  4. 代表役員及び責任役員の就任承諾書
  5. 代表役員の印鑑届
  6. 代表役員の印鑑証明
  7. 代理人によって申請する場合は、その権限を証する書面